• HOME
  • コンプライアンス経営

コンプライアンス経営


コンプライアンス経営

というと難しい話のように聞こえますが、実はどんな企業にとっても非常にありふれた問題で、かつ重要な問題です。

例えば、
 ・営業マンが営業成績を上げたいがために、過剰なセールストークを使ってしまう
 ・決算対策として、取引先に架空の取引をお願いし、決算後に返品処理する
 ・見掛けの利益を出すため(或いは出さないため)に、会計処理をごまかす
上記は一例ですが、決して、一部の悪徳な企業や悪徳社員に見られることではなく、むしろ、頑張っている企業、頑張っている社員だからこそ、という事例も多いのです。

下手をすると、かつては「やり手」と賛美されたような役員や社員の行動が、最近ではコンプライアンス違反として問題視され、大きな社会的責任を負わなければならないのです。
 
しかしながら、上記のようなルールを無視した利益追求は、短期的には企業の業績アップに繋がるかも知れませんが、決して永続的な繁栄をもたらしません
永続的繁栄を渇望される企業、経営者にとって、コンプライアンス経営への取り組みは必須であると言えるのです。

急激な売上拡大や、これまでの売上・利益の維持にこだわりが強いが故に、「危なっかしい面がある」「問題があるかも知れない」と感じられる場合は、顧問弁護士に相談する等して、予防されることをお勧めします
 
コンプライアンスプログラムの作成に当たっては、

 ・企業活動の実態を把握している事
 ・法律的な問題点を理解している事

が必要です。
 
特に財務・金融関係は、弁護士の側にも業務への理解がないと、コンプライアンスプログラムの作成は難しいと思われますが、当事務所は財務・金融も専門としておりますので、営業・販売から財務・金融にいたる企業動全般を網羅したコンプライアンスプログラムや、行動指針、コンプライアンス規定の作成等を行う事が可能です。

 

 

コンプライアンス経営の記事はこちら

不祥事対応・内部統制

企業不祥事

第三者委員会





企業の法律トラブルは麹町大通り総合法律事務所へ

企業法務・金融法務なら、麹町大通り総合法律事務所に

 

メールでの相談予約はこちら

英語・中国語・韓国語でのご相談にも対応しております。 
English/Chinese/Korean available both on the phone and on the linked form.

麹町大通り総合法律事務所について詳しくはこちらから

■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■当事務所の解決事例
■ご相談の流れ ■当事務所へのアクセス ■書籍 ■新聞・雑誌

Copyright (C) 2012 麹町大通り総合法律事務所 All Rights Reserved.