第二会社方式(会社分割)

110001.png   第二会社方式とは、過剰債務に陥った中小企業が、会社分割等で新会社を設立し、新会社が残したい物と一部の負債を引き継ぎ旧会社は大部分の債務とともに整理するやり方を言います。

銀行は、法的手続を経ないで、債権放棄に応じたり、債権の一部免除に応じることはできないので、このような第二会社方式を使って実質的に債権カットを実現することができます

なお、過剰債務に陥った中小企業が、
銀行に対して事前に何ら通知催告なく
突然、会社分割等で第二会社を設立し、旧会社に全ての債務を残し、新会社で本業を継続するといったやり方を取っているケースもありますが、このような場合は銀行から相当に強硬な方法で反撃を受けることを覚悟した方が良いでしょう。

銀行からの反撃としては、債権者破産の申し立て、会社分割の無効の訴え、新会社への事業譲渡について詐害行為取消しなどです。
実際に、相当乱暴な会社分割による第二会社方式が濫用的会社分割として中小企業側が裁判で敗訴している例は最近非常に多いです。

そもそも中小企業が銀行から裁判を起こされるだけでも費用や労力が相当かかりますから、銀行から裁判を起こされる可能性のある方法は得策ではないでしょう。
そうすると、第二会社方式も、後述の中小企業再生支援協議会(いわゆる「支援協」)を使うか、銀行と協議しながら経済的合理性のある案を策定して了解を得るかのどちらかということになるでしょう。

なお経済的合理性のある案とは、法的整理になった場合よりも銀行にとって多少なりとも有利な案を策定するということです。すなわち法的整理になった場合に返せる金額以上の債務を新会社が引き継いで支払っていくというやり方です。このスキーム構築には、法律と会計の知識が必要なので、専門家と相談しながら進めて下さい。


企業の法律トラブルは麹町大通り総合法律事務所へ

企業法務・金融法務なら、麹町大通り総合法律事務所に

 

メールでの相談予約はこちら

英語・中国語・韓国語でのご相談にも対応しております。 
English/Chinese/Korean available both on the phone and on the linked form.

麹町大通り総合法律事務所について詳しくはこちらから

■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■当事務所の解決事例
■ご相談の流れ ■当事務所へのアクセス ■書籍 ■新聞・雑誌

Copyright (C) 2012 麹町大通り総合法律事務所 All Rights Reserved.