インバウンドビジネス法務①

不法就労助長罪~ラオックス社長らの書類送検にみる中国人雇用の落とし穴

soudan0001.png  

昨年末に、大手電機量販店のラオックスの社長及び幹部社員が「不法就労助長罪」で、社長と法人が書類送検され、幹部社員が逮捕されるという事件が起きました。社長のコメントを見ると、最近の「中国人爆買い」に対応するため、所定の労働時間を超える長時間労働を中国人留学生にさせていたとのことです。

この「不法就労助長罪」とは、不法に入国したり、在留資格が切れた後も不法に滞在して就労する外国人や、正規の在留資格はあ

がその資格で認められている活動以外の活動を行い報酬を受けている外国人を、事業活動に従事させたり、自己の支配下に置いた者を処罰する犯罪で、出入国管理及び難民認定法73条2の1項で3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金刑が科されます。

このように、最近のインバウンドビジネスに対応するため、安易に外国人を雇用すると、不法就労助長罪に問われる可能性があります。少なくとも、外国人を雇用する際は、在留カードで在留資格の有無や在留期間、在留資格の内容を確認し、許可されている範囲で就労させるように管理、監督しなければなりません。なかには、日本で就労する機会を得るために、組織的に在留カードや外国人登録書を偽造したり、変造したりするケースもありますので、在留カードの写しを保管するだけでなく、本人にヒアリングする等して、その記録を残す形で、不法就労助長罪に問われないように気をつけなければなりません。

インバウンドビジネス法務

motosugi layer.png  

第1回

不法就労助長罪~ラオックス社長らの書類送検にみる中国人雇用の落とし穴

第2回

旅館業法と民泊~Airbnbによる「民泊」ビジネスの難しさ

第3回

債権回収における日本と中国の違い





企業の法律トラブルは麹町大通り総合法律事務所へ

企業法務・金融法務なら、麹町大通り総合法律事務所に

 

メールでの相談予約はこちら

英語・中国語・韓国語でのご相談にも対応しております。 
English/Chinese/Korean available both on the phone and on the linked form.

麹町大通り総合法律事務所について詳しくはこちらから

■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■当事務所の解決事例
■ご相談の流れ ■当事務所へのアクセス ■書籍 ■新聞・雑誌

法律相談のご予約

事務所概要

事務所外観

麹町大通り総合法律事務所

TEL : 03-3556-7441
平日9:30~18:00(土日相談)

〒102-0083
東京都千代田区麹町2-3-3
FDC麹町ビル6階

地図 半蔵門駅・麹町駅徒歩3分
Copyright (C) 2012 麹町大通り総合法律事務所 All Rights Reserved.